Linux / Virtualbox

Let’s note SX2 に Linux Mint をインストールする

Let’s note SX2 が空いたので、Linux Mint 19.1 をインストールしてみました。(仮想じゃないよ)

当初は CentOS 7 を入れようとしたのですが、Cinnamonのサポートが打ち切られていたため断念。次に Fedora 29 を入れてみましたが輝度調整ができないなど、いろいろと不満点があったので最終的に Linux Mint 19.1 Cinnamon をインストールしました。

インストール

インストールについては基本的にインストーラーに従って次へ次へとクリックしただけです。サードパーティのアプリについてはインストールしませんでした。後からでもインストールできるので。

インストール後の設定など

  • ディレクトリ名を英語に変換
  • 輝度調整設定
  • スクロールパッド設定
  • 音声設定(スピーカーから音を出す)
  • ssh
  • VirtualBox
  • テーマ
  • 付箋アプリ
  • ファイラー
  • スクリーンショット

ディレクトリ名を英語に変換

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

輝度調整設定

$ sudo vi /etc/default/grub

▼以下のように変更
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=”quiet splash acpi_backlight=vendor acpi_osi=”

再起動

$ sudo update-grub

スクロールパッド設定

設定⇒マウスとタッチパッド
タッチパッド
・Reverse scrolling direction:オフ
・Scrolling method:Edge scrolling

音声設定(スピーカーから音を出す)

$ sudo alsactl init

もしくは、

$ alsamixer

ssh

Linux Mint は ssh が初期状態ではインストールされていないのでインストールから。

$ sudo apt install openssh-server
$ sudo systemctl enable ssh
$ sudo systemctl status ssh
$ sudo systemctl restart ssh

VirtualBox

BIOSのセキュアブートを「無効」にする。Let’s note SX2 ではこれを行わないとVM起動時にエラーになり起動できませんでした。

テーマ

ウィンドウボーダー:Mint-Y-Dark
アイコン:Mint-Y-Aqua
コントロール部分:Mint-Y-Dark-Aqua
デスクトップ:Mint-Y-Dark-Aqua

付箋アプリ

xpad

ファイラー

SpaceFM gtk3

スクリーンショット

Shutter

Leave a Reply

Your email address will not be published.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)